教育教育内容について

東一の江幼稚園教育目標

  • いつもにこにこ元気な子ども
  • 思いやりのあるやさしい素直な子ども
  • 伸び伸びと創造性の豊かな子ども

教育方針

  • 明るく健康な精神と元気な活力に満ちた心身の基礎を築く
  • 基本的な生活習慣と正しい社会的態度を育成し、豊かな情操を養う
  • 伸び伸びとした表現活動を通して創造性を養う
  • 自主・自発的な活動を促し、自立する心を養う
  • 毎日の遊びや活動の中で健全な心身を養う

東一の江幼稚園の教育

東一の江幼稚園では、子どもたちがのびのびと生活できるように一人ひとりの成長を捉えた多様な保育内容と環境を用意いたします。
決して放任教育ではなく、子どもの興味関心を大切に、子ども自身の成長を見守り、適切に援助する。
そんな保育を目指しています。

生きる力を育てる

今の子どもたちが大人になる頃、半分以上は今はない仕事に就職するといわれています。
そのような社会では、言われたことだけができることが大事ではなく、チャレンジしようとする意欲や好奇心、主体性や協同性など目に見えない力が生きる力としてとても大切になります。
これは、社会が変わるから大切になる力ではなく、いつであっても子どもが生きる力を身につける上で大切な育ちです。
社会のルールやマナーを大人が伝える、しつけはとても大切ですが、それだけではなく、子ども同士で考えたり、ルールを作ったり、工夫したりというような経験が生きる力を育みます。
「大人の「させる」働きかけが、子どもを「育てる」ことなのか」(鯨岡俊『保育・主体として育てる営み』)子どもが言うとおりに動けるようになることが生きる力ではなく、自分自身で生きていく力を身につけることが幼児とても大事です。

遊びから学ぶこと

子どもは遊びながら様々なことを学びます。
「問と答との間を曲がりくねって考えぬいていく過程、その間で人間は発達を遂げるというようなものだと思う。」(太田堯『学力とはなにか』)
小さい子どもが一番曲がりくねって考えているとき、それは遊んでいるときです。
考え、創造をしたり、ケンカをしつつも協力したり、失敗しつつも工夫したりなどなど、遊びの中には学びがたくさん。
だから、幼稚園に登園してきて、一番最初に「あそびのじかん」があります。
そしてこの遊びがさらに広がるように「みんなのじかん」が東一の江幼稚園にはあります。
「みんなのじかん」に遊んでいて気がついたことや困ったことをクラスのみんなの前で発表し、みんなからアイディアをもらったり、みんなで遊んでさらに深めたりと「あそびのじかん」と「みんなのじかん」の相乗効果で子どもの一番の学びである遊びを深めていきます。

知的発達を助長する保育

知的教育で一番大切なことは「なんだろう」「おもしろそう」といった気持ちを育てること。
知的好奇心とも言います。
そして、日常の生活のなかで必要感を持つこと。
ワークブックなどの画一的な指導は幼稚園には不向きだし、おもしろくない。
遊びの中に学びの芽があり、多様で一人ひとりの成長を見守る保育を展開し、知的な発達も援助していきます。
いわゆる早期教育とは全く違います。文字が書けると言うような目に見える力ではなく、学びに向かう力を育むことが大事です。

特徴ある東一の江の行事

すべての幼稚園の基盤となる幼稚園教育要領(文部科学省)では以下のように書かれています。
「行事の指導に当たっては、幼稚園生活の自然の流れの中で生活に変化や潤いを与え、幼児が主体的に楽しく活動ができるようにすること。
なお、それぞれの行事についてはその教育的価値を十分に検討し、適切なものを精選し、幼児の負担にならないようにすること。」
東一の江幼稚園の行事は、まさにこの文言の実践です。
行事はみせるだけのものではなく、日常生活の延長線上にあり、子どもが主体となって取り組むものであるから、過度な練習や過剰な演出はせず、子どもが主体的に取り組める量と質の検討をしております。

実体験を大切にする教育

クジャクや烏骨鶏、インコなどが園庭にいます。
また、幼稚園の農園(近隣)では野菜の収穫ができます(主に年長組)。
また、園庭にはプラム、イチジク、びわ、ゆすらうめ、ミカンなど四季を通して果物などができます。

お弁当・希望給食

昼食は、お弁当もしくは希望制の給食になっています。
お弁当を作ることで朝ご飯を家族全員で食べられないのであれば、給食の方がいいでしょうし、お弁当で安心する子どももいることでしょう。
その家庭、子どもの状況に応じるため希望給食制となっています。
給食は、併設の東一の江保育園こすもす内の給食室で調理したものになります。
(第2・4の水曜日は午前保育になります。また誕生会は全員給食になります。)

様々な関係の中で遊ぶ・学ぶ・生活する

3歳児は2人担任制。それ以外にも、園長、副園長、支援教諭(5名)など、すべての教員がすべての子どもを見守ります。
また、「あそびのじかん」では様々な刺激を受け、遊びを広げられるようにどのクラスで遊んでも大丈夫。
学年の枠を超えた異年齢での関わりを日常的に大切にしています。
さらに、大学生の教育実習なども積極的に受け入れ、子どもが多様な人と関われる環境をつくります。

幼児教育の専門性

すべての教員が幼稚園教諭一種または二種免許状を取得し、日々の教育に携わっております。
また、園長は玉川大学教育学部准教授を兼任しており、大学の情報などを保育に活かしていくこともできます。
教員は園内研修や教材研究、他の研修会に積極的に参加し、日々研鑽を積み子どもたちへの教育がより充実したものになるように努力をしております。

家庭との連携を考えて

子どもの育ちの上で、家庭との連携は欠かせません。
ともに協力しあい、子どもを育てていきましょう。
れんらく帳、お電話、直接のお話など多様な方法で日々、家庭と連携を図ります。
また、子どもが遊びの中で不思議に思ったことを、ご家庭で一緒に調べて、それを幼稚園に伝えてもらえると、遊びがさらに広がります。

地域とのふれあいのなかで

子どもたちが育つ場の一つとして地域社会があります。
その地域との連携も重要な一つと考え、様々な取り組みをしております。
土曜日を利用した園庭開放や様々なイベント(土曜日親子プログラム参照)や地域の中学校の体験学習や高校生のインターンシップにも協力しています。